勉強法に自己コントロール力・・・、独学受験生に求められる要素は多い

 資格受験のための勉強方法はいくつもあれど、「社会保険労務士試験に独学で挑戦!」という受験生はおそらく少なくないのではないでしょうか?

 国家資格に挑む際、どうしてもネックになってくるのが「時間」や「お金」「やる気」といった課題ですが、一般的には「独学であればさほどお金はかからない」とされていますから、出来ることなら独学で合格したいという方はたくさんいらっしゃるでしょう。

 しかしながら、独学、とりわけ社会保険労務士試験の独学については、甘く見ていると危険です。
インターネットを検索すれば、「独学で合格しました」的な情報サイトをいくつも目にすると思いますが、それらは何の根拠があって本当の合格者が書いたものと言えるでしょうか?

実際、そういったサイトには参考書購入のリンクがいくつも貼られていませんか?
怪しい「独学マニュアル」が販売されていませんか?


つまり、それらの情報はすべてが真実でなく、商売のための作り話であるケースも多いということ。ネットの情報だけで安易に「社会保険労務士試験は独学でいけるんだ」と思ってしまっているなら、それは大きな間違いです。
独学は手軽にスタートできる反面、たくさんのリスクを伴います。
社会保険労務士試験に関連する法令について何の学習経験もなく、しかも資格受験の素人となれば、独学で効率良く合格を目指すのはまず難しいと言えるでしょう。
きっと、独学で完全に独りよがりの学習にはまってしまい、いつの間にか“独学”が“毒学”へと変化してしまっていると思います。
こうなってしまえば合格などどんどん遠のいてしまい、結果的に大幅な時間のロスにもなりかねません。
独学にはいくつかのポイントがあり、それらをしっかりと踏まえておかなければならないのです。

独学勉強法


 本サイトでは、社会保険労務士試験の独学における心得5箇条をご紹介すると共に、貴方自身が本当に独学向きであるのかを見つめ直すためのコンテンツを展開しています。
また、「お金が無いし資格に挑戦するにしてもやっぱり独学以外は・・・」という方必見の学習法もご紹介し、皆さんに無理なく取り組んで頂ける社会保険労務士試験受験対策を提案させていただいています。

「これから社会保険労務士試験の独学を考えているけれど、不安でいっぱい」
「既に独学をスタートさせているけれど、本当にこのままで良いの?」
とお悩みの受験生は、ぜひこのまま本サイトを読み進めてみて下さい。
きっと、個々に何かしらの気付きがあるはずですよ!


次の記事へ「教材選びは慎重に!自らの目で見て決めよ」→



>>社会保険労務士に確実に一発合格したいときに試すべき勉強法